今日と明日は、蘇州「宏成琴行」の首席二胡制作師・李錦元のプロフィールをご紹介します。

-----

「糸竹(管弦の意)のふるさと」江蘇省太倉に生まれた李錦元は、16歳で師匠について彫刻を学び、後の二胡制作の基礎を培いました。

 叔父が二胡の名手だったことから、李錦元は二胡に対して強い関心を持っていました。当時18歳の彼は、二胡職人に何度も教えを乞い、二胡の構造を研究し続けました。努力の末に自らの手で二胡を作ることに成功したときは、彼の叔父をもびっくりさせました。

 これ以降、李錦元は本格的に二胡を制作しはじめました。彫刻技術の基礎があり、各種の木材の特性に通じている彼の作る二胡は全体的にスマートで細部まで念入りに仕上げてあります。そのため近隣から二胡を作ってほしいと訪ねてくる人が後を絶たず、23歳にして彼は太倉でちょっとした有名人になっていました。

つづく

-----

 李錦元制作の二胡を見る→大葉紫檀二胡058小葉紫檀二胡060

  • -
  • 21:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR