JUGEMテーマ:楽器

 

二胡を始めたい方向けに、用品選びのポイントをわかりやすく解説します。

 

二胡の練習は生音でするに越したことはありません。が、住宅事情などで思い切り練習するのが難しいことも……。特に、夜遅い時間帯や、長時間の基礎練習、運指のトレーニングなど、「自分には必要な練習だけど、ご近所さんにとっては騒音かも??」と気兼ねしてしまいませんか?

 

周囲を気にしていると音量を控えめに弾く癖がついてしまい、いざ大きな音を出せる場所でも本来二胡の持つパワーを発揮できなくなってしまいます。

 

それよりも、「弱音器(ミュート)」を使って思い切り弓を動かして弾いたほうが練習効果は高いでしょう。長時間練習される方には、耳への負担の軽減も期待できます。

 

 

 

 

 

「弱音器(ミュート)」は駒に軽く挟むだけで、音の高さを変えることなく音量を抑えられるアイテム。しかも琴棹に伝わる振動は殺さないので、本来の響きをイメージしながら楽しく自宅練習ができます。

 

 スポーツの世界でも実践練習だけでなく、イメージトレーニングの大切さが言われています。弱音器でイメトレ⇒生音で実践練習、というふうに使うシーンを切り分けて、二胡の上達にうまくお役立てください!

 

 

💓 💓 💓

 

 

 響友舎がおすすめする「弱音器(ミュート)」はこちら!!↓

 

「こうもり型・高級弱音器(ミュート)/ゴールド」

 

「こうもり型・高級弱音器(ミュート)/シルバー」

 

本商品は、中国で吉祥の兆とされる蝙蝠(こうもり)をモチーフにしたスタイリッシュな弱音器です。通常の弱音器と比べてまるっこいフォルムで、二胡駒にちょこんと載っている姿も可愛いです。

 

表面にマット(つや消し)加工が施されているので、指紋跡や汗によるべたつきが気になりません。

 

「こうもり型・高級弱音器(ゴールド)」
「こうもり型・高級弱音器(ミュート)/ゴールド」

 

「こうもり型・高級弱音器(ミュート)/シルバー」
「こうもり型・高級弱音器(ミュート)/シルバー」

 

 

とにかく機能性重視!という方には、よりお求めやすいスタンダードタイプもございます♪↓

弱音器(ミュート)
「弱音器(ミュート)」

 

 

 

 

各種弱音器(ミュート)

 

 

 

 

  • -
  • 12:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR