JUGEMテーマ:楽器

 

 二胡を始めたい方向けに、用品選びのポイントをわかりやすく解説します。

 

前回の記事はこちら:

 

【二胡駒-1】何はともあれ「油煎駒」!

 

【二胡駒-2】油煎駒の次に持つなら!? オススメ駒3選。

 

今回は二胡駒選びの基本ポイントについて解説します!

 

 

 

■駒の材質

 

 駒の材質は主に木ですが、その木の種類、とくに繊維の密度と音色に関係があるとされています。

 

 通常、皮がピンと張っている新しい二胡には密度の低い軟らかい材料を使った駒(「松節駒」「高級楓駒」「ヨーロッパメープル駒」など)を使ったほうが音色がよくなると言われます。

 

いっぽう、皮の軟らかくなった古い二胡で明るくクリアな音色を出したいときは、密度の高い硬い材料を使った駒(「高級紫檀駒」「高級黒檀駒」など)のほうが適するようです。

 

なお、単一材料による駒の特性の限界をクリアするため、さまざまな複合駒も開発されています(「万能二色駒(黒檀×楓)」「万能二色駒(紫檀×楓)」「紫檀色木陰陽駒」など)。

 

 

■駒の形

 

 駒の形は、円錐形に近いオーソドックスタイプから、かまぼこ形、蓮の花型などいろいろなタイプがあります。まずはオーソドックスタイプの音に慣れてから、他の形を試されることをおすすめします。

 

オーソドックスタイプの一例「高級楓駒」

 

 

■底面積、高さ

 

 二胡駒の底面積高さによっても音色が変化すると言われます。一般的には、

 

底面積 :小 ←→ 大
高さ:高 ←→ 低
音色:明るい・クリア・シャープ←→ 暗い・丸い・ソフト

 

の傾向があり、たとえば皮が軟らかくなった古い二胡ではっきりした音を出したいときは高さが高めだったり、孔ありや橋形の駒などを試してみるのも手です。

 

空洞が多く響きの豊かな「透かし彫り紫檀駒」

 

底面に孔が2つ空いた「高級紫檀〈橋型〉双孔駒」

 

もちろん、お手持ちの二胡との相性もありますので、まずはオーソドックスな駒で二胡の特性も見極めながら、求める音色をイメージして駒選びをされるとよいでしょう。

 

 

ハート 晴れ ハート 晴れ ハート

 

他にも定番駒から珍しいものまで、約30種の二胡駒を取り扱い中です。

 

響友舎は全品送料無料♪ 駒1個からご注文大歓迎! ぜひお気軽にお試しください☆

 

さらに会員ログインして購入されたお客様※には5%ポイントを還元します。

※振り込み・代引きでのお支払い

 

 

 クローバーカテゴリー「二胡駒」クローバー

 

豊富な品揃えで皆様のお越しをお待ちしています!!

 

 

 

  • -
  • 15:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


Profile

Link

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR